番外編:EC-CUBE4の環境構築方法

シナリオ作成入門では、EC-CUBE4を対象にシナリオの作成を行っていきました。

「EC-CUBEの環境構築に手間がかかる。」というご意見をいただいたので、環境構築方法についてまとめてみます。

極力簡易にセットアップを行いたいので、環境はDockerを利用して構築します。JMeterと同じPC上である、「Windows10 Pro」の環境にインストールを行います。

[Windows10 Pro] Dockerのインストール

Dockerのダウンロード

公式サイトから「Docker Desktop」のダウンロードを行います。

公式サイト->https://www.docker.com/get-started

Dockerのインストール

ダウンロードした「Docker Desktop Installer.exe」を実行します。

特別な選択肢はないのでインストーラーに従っていきましょう。ただし、PCの再起動が必要になるので、未保存のファイルなどがある場合は、注意してください。

Dockerの動作確認

インストールが完了したら、「Docker Desktop」を実行します。実行が完了すると、右下にクジラのアイコンがでてきます。チュートリアルを促されますが、スキップで問題ありません。

起動が確認できたら、PowerShell(またはコマンドプロンプト)から、動作確認をしてみましょう。

> docker version
Client: Docker Engine - Community
 Version:           19.03.8
 API version:       1.40
 Go version:        go1.12.17
 ・・・・

バージョンが表示されれば成功です。

EC-CUBE4のインストール

EC-CUBE4のダウンロード

公式サイトから4系のEC-CUBEをダウンロードします。ダウンロードには会員登録が必要なので、適宜会員登録してください。

公式サイト->https://www.ec-cube.net/download/

ダウンロードが完了したら、zipファイルを解凍し適当なフォルダへ移動させます。今回は、「C:\jmeter\eccube-4.0.4」へ移動させました。

EC-CUBEのDockerイメージ作成

PowerShellで、解凍先フォルダへ移動します。

>cd C:\jmeter\eccube-4.0.4

Dockerfileが用意されているので、イメージを作成します。

>docker build -t ec-cube4 .

EC-CUBEのバージョンによってはビルドエラーが出るようです。もしビルドに失敗した場合は、githubから最新版を取得して再実行してみましょう。

参考->github EC-CUBE公式

イメージが作成できたら、確認します。無事にイメージが作成できているようです。

> docker images
REPOSITORY          TAG                  IMAGE ID            CREATED             SIZE
ec-cube4            latest               3e994590a438        7 seconds ago       749MB
php                 7.3-apache-stretch   603de146a1b0        2 weeks ago         375MB

EC-CUBEのコンテナ起動

イメージからコンテナを起動してみます。コンソールにログ出力されるようになります。

> docker run -d --name ec-cube -p "80:80" -p "443:443" ec-cube4
> docker run -d -p 1080:1080 -p 1025:1025 --name mailcatcher schickling/mailcatcher
> docker run --name ec-cube -p "8080:80" -p "4430:443"  --link mailcatcher:mailcatcher eccube4-php-apache

ローカルの80番ポートおよび443番ポートをコンテナにプロキシしています。既にローカルのポートを利用しているなど、都合が悪い場合は適宜「-p "8080:80"」のように変更してください。

起動の確認をしてみます。

> docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                                      NAMES
e49b923b67a2        ec-cube4            "docker-php-entrypoi…"   45 seconds ago      Up 44 seconds       0.0.0.0:80->80/tcp, 0.0.0.0:443->443/tcp   ec-cube

コンテナを停止したい場合はstop、起動したい場合はstartコマンドを使います。

> docker stop ec-cube
ec-cube

> docker start ec-cube
ec-cube

管理画面からユーザー作成

管理者画面(http://localhost/admin) へアクセスしてみて、ログイン画面がでればインストールは完了です。

下記ログイン情報でログインが可能です。

key value
ユーザーID admin
パスワード password

左メニューの会員管理からユーザー登録を行います。登録の時に「仮登録」を「本登録」へ変更しておきましょう。

トップ画面(http://localhost/ )からログイン確認を行い、ログインできれば準備は完了です。

※各種ログイン情報は、Dockerfileと同階層にある「.env」ファイルへ記載されています。

まとめ

この記事では、シナリオ作成練習をするために、EC-CUBE4を「Windows10 Pro」へインストールする方法をまとめました。

Dockerを使うことで、比較的簡単に環境構築ができたと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~ JMeterの負荷テストシナリオ作成入門 ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第1回:【負荷テスト】JMeterのシナリオ作成入門
第2回:JMeterのインストールと初期設定
第3回:HTTPプロキシサーバーを利用したベースシナリオの作成
第4回:動的パラメータを取り込み、エラーを解消させる
第5回:リファクタリング実施
第6回:入力パラメータを外部ファイルから読み込む
第7回:負荷テスト用の修正を実施
番外編:EC-CUBE4の環境構築方法

コメントは受け付けていません。