シナリオ作成#7_負荷テスト用の修正を実施

負荷テスト用の設定をしないと、正しい負荷をかけることができません。スレッド数は変数化を行い、必要に応じて指定できるようにしておきましょう。また、Ramp-Up期間とタイマ設定は結果に大きく影響するパラメータです。設計段階でどのような値にしておくかを検討しておくとよいでしょう。エラー時の処理についても続行にしてしまうと、エラーが多発したさいに、結果が大きくぶれていってしまいます。負荷テスト用に適切な設定を行い、より実践的なテストの実施ができるようにしておきましょう。

Continue reading

シナリオ作成#4_動的パラメータを取り込み、エラーを解消させる

ベースのシナリオ作成では、すべての値が固定値となります。そのため、動的に変更になるセッション情報などの値の受け渡しができていません。そこで、「HTTPクッキーマネージャー」や「正規表現抽出」を利用し、動的に変化する部分について手動で修正していきます。

Continue reading

シナリオ作成#3_HTTPプロキシサーバーを利用したベースシナリオの作成

シナリオ作成をする場合、「HTTPプロキシサーバ」を利用して元となるシナリオを作成し、手動で必要な修正を加えていきます。この記事えは、ベースとなるシナリオを作成するために利用する「HTTPプロキシサーバ」の使い方を紹介します。

Continue reading

シナリオ作成#1_【負荷テスト】JMeterのシナリオ作成入門

JMeterを使ったシナリオ作成に最低限必要な技術について、EC-CUBEを使って具体的に解説していきます。記事に対応した動画も用意しました。シナリオは簡易なものにしていますが、最低限必要な技術要素は組み込まれています。このシリーズの内容を習得することで、「一般的なECサイトの購入シナリオ」を作成できる程度の技術習得ができるように心掛けていますので、一緒に作成していきましょう。

Continue reading