パフォーマンス・チューニング

「突然、表示速度が遅くなり、ECサイトの売り上げが低下してきた !?」

 

 

       
 
       
負荷テストによる、システムの見える化

御社システムの応答性能やスループットを把握することが可能です。
応答性能が悪いとユーザの離脱率が向上します。スループットが低いと、メディア露出時などの絶好の機会にシステム停止を招いてしまいます。 まずは、システムの性能を把握することが重要です。

 

 

       
 
       
負荷テスト結果の解析による、ボトルネックの発見

負荷テスト結果を解析し、システム全体の性能限界を決める、ボトルネックを発見します。

   

 

       
 
       
ボトルネックのチューニングによる、効果的な改善

いくらスケールアウトやスケールアップをしても、性能が改善されない。
そのような時は別の箇所にボトルネックがあると考えられます。ボトルネックに対してチューニングを行うので、効果的な改善が可能です。

   

 

       
 
       

パフォーマンス・チューニングのフロー

   

 

       
 
       

ご提供メニュー

   

 

       
 
       
導入事例